読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cyancy’s blog

ハンドメイド販売が生業。いかにハンドメイド商品を売り込むか、日々攻略中。

ハンドメイド販売、どのくらい稼いだらスゴイって言われるの?

 

 

2016年7月追記・更新

シアンです。ハンドメイドはお好きですか? ハンドメイド販売をしながら考えたアレコレをご紹介します。

本日はハンドメイド作家の収入について考えました。

 

 以前、ハンドメイド作家の収入に関してブログでご紹介したのですが↓

 実際のところ、ハンドメイドはガンガン稼げるお商売ではございません。 

今日はまず、ご自分のハンドメイドで稼げる最高額を計算してみましょう。

 

どうやって計算するのかしら。って、思います?

 

簡単です。ひと月分の最高額をみてみましょうか。

 

たとえば

〈プランA〉

ひと月に1000円の作品を50個作るのが限界の人の場合

1000×50=50000  50000円が売り上げの最高額です。

この場合、経費(労働費含む)、手数料、材料費などを差し引くと、1万5000円~20000円ほどが純利益として残ります

(一般的に純利益は売り上げの3分の1程度といわれます)

 

ちなみに最低額は?

 

1個も売れないから0円

 

本当デスカ?

 

場合にもよりますが上記の例の場合はさ

売上最低額は0円

計算上、利益は

0-経費(労働費含む)、手数料、材料費=マイナス〇〇円(製作・販売にかかった全ての金額)

って考えてみましょうか。売れなかった場合は0ではなくマイナスです。
当たり前の計算ですが、これを知らないでハンドメイド販売している残念な人は多い。主婦はもともと労働費を考えない傾向もありますし。

 

ここで、もっと売上を伸ばそうと思うなら以下の記事で ご紹介した通り、単価の高い商品を販売する必要がでてくるのね。

cyancy.hatenablog.com

 

〈プランB〉

10000円の作品を月に10個製作

10000×10=100000  10万円が売り上げの最高額です。

この場合、経費(労働費含む)、手数料、材料費などを差し引くと、3万円~3万5千円ほどが純利益として残ります。

 

えっ!本当デスカ?

 

ここで問題になるのが経費(労働費含む)と手数料、そして時間。

作品の条件にもよりますが、ここでは、ひと月あたりの経費(労働費含む)や販売手数料はAもBもそんなに変わらないと仮定してみます。

そしてネット販売で、梱包と配送が同じくらいかかったとすると
最高売上の場合、AはBに比べて5倍の商品を発送しなければなりません。

Aは明らかに梱包時間と梱包費(配送の手続き)が多くなっています。逆にBは面倒な手間にかける時間と費用がAに比べて少ないですね。

時間の余裕も生まれます。

 

上記内容は超単純・簡単に説明したので乱暴な例えですが、この場合、Bは5万くらいが純利益になっているかもしれません。

一般的高い価格帯の作品は、いい材料を使い高い技術料をいただくことで、利益が出やすいと言われます。

 

なにより

1000円の商品を100個売るより、1万円の商品を10個売るほうが現実的で簡単です。

 

これを読んでくださっている方のなかにはハンドメイドを販売している方もいらっしゃると思います。

年間を通して赤字の方は、このあたりも見直して計画を立てましょう。

 

ハンドメイド販売はどのくらい稼いだらスゴイって言われるの?

本題に入りましょう。

 

いくら稼いだらスゴイのか。

 

私の個人的基準では 

プロならサラリーマン並みに稼いで初めて「スゴイ人」 
そして趣味の人はおこずかいくらい稼げれば「スゴイ人」

 

私はその中間をいく者です。(/ω\)私は中途半端なんですよ、奥さん

 

ハンドメイド販売をしている主婦の方々とお話することも多いのですが、『ハンドメイドの収入が3万円以上の人は「すごく売れている人」だと思う』と言われたことが何度かあります。

おそらく金額は都会や田舎の事情で地域差もあるでしょう。

 

お話を色々していく中で私が思ったことは

お小遣いを資金にして、お小遣いを稼いでいる主婦の場合、主婦の平均的おこずかいより稼いだらたぶんスゴイんです。 

結果として「プラマイ0」ならいいほうで、それよりも稼いだ人はスゴイ(とっても儲かっている)と感じるらしいのです。 

※注:主婦は家事などの労働力を家族に無料提供してますので、基本的に製作にかかった時間や労働力を数字として金額化しない傾向にあります。

 

まあ、ほとんどの場合は、赤字+労働力+達成感=疲労 という計算式

結局のところ

そんなもんだと思う。

今回は私の意見・感想・印象をもとにまとめましたので、世間の見方とはちがうかもしれません。 

 

またね!