cyancy’s blog

ハンドメイド販売が生業。いかにハンドメイド商品を売り込むか、日々攻略中。

プロに研(みが)かれたはさみに思わずニンマリ

 

 

ハンドメイド屋のシアンです。皆さんコンニチワ

少し前の話ですが、このブログで庄三郎のはさみについて書いたことがあります。 

cyancy.hatenablog.com

ずっと使っていた古いハサミが 私の不注意で錆びてしまい、刃もずいぶん欠けてしまっているし研ぎに出すのをあきらめて新しい庄三郎のはさみを買いましたよ、という内容の記事です。

実はその後、この記事を読んでくださった方が「よろしかったらそのはさみ、私がいつも研ぎにだしているところへ一緒に研ぎに出しますよ」と声をかけてくださった。

迷惑がかかるのでお名前は出さないのですがブログを通じて何度も楽しくやりとりさせていただいてた方で、そんな流れもあったので警戒心の塊の私も「それではありがたく」といった感じで錆びた裁ちばさみを研ぎに出してもらうことにしました。

 

数週間後、荷物がなぜか4倍の大きさになって帰ってきました。
(/ω\)はさみ以外にもいろいろ入ってる。気を遣わせてしまった模様

 

研(みが)かれたはさみに思わずニンマリ

画像上が錆びた裁ちばさみ。下が新しいはさみ。両方とも庄三郎です。

f:id:cyancy:20161215095509j:plain


画像下のはさみは新しいのでピカピカしてますが、研いでもらったハサミは磨かれて全体的に艶消し加工に。これもカッコイイのです。
古い裁ちばさみですが、あちこちの錆をすべて磨いて綺麗に仕上げてもらっています。もはや感動ものです。

例えていえば、新品のはさみは「とても綺麗で頭がいいけど、まだまだ世間知らずな田舎のお嬢さん」なのに対して、研がれて帰ってきたはさみは「いっぱい働いて都会でたくさん磨かれて帰ってきた、洗練された大人の女性」です。

(*´▽`*)カッコイイ奴やん、仕事できて頼れる奴やん❤

もう、見ているだけでニンマリしてしまう私。これは刃物が好きな方でないとわからない。油をふき取ってくださいとのことだったので、軽く拭いてからチョキチョキ動かしてみます。

「あ、少し短くなってる( ̄▽ ̄)」

実際に計ってみると数ミリも変わりませんが、刃物の宿命として研ぐほどに短くなるわけであります。
よく見るとはさみの刃の欠けた部分もキレイに研いてありました。

f:id:cyancy:20161215103010j:plain

ここがね、何度研ぎにだしても欠けた状態のまま返ってきたので裁断しづらかったんですよ。まあ仕方ないよね、こんなもんだよね、とあきらめていたのですが、今回欠けた部分が目立たなくなって返ってきたのでとても嬉しい。試しに布を裁ってみたら、気持ちよく切れました。

一人で黙々と布を裁断しながらニヤニヤする私。(/ω\)ちょっと変態

一旦は見切りをつけた裁ちばさみ。
数週間後に本当に綺麗に研(みが)かれて帰ってまりました。
捨てようとしてごめんなさい。大事に使います。

※今回研いでくださったのは鍛錬所とのことですので、はさみを研ぎに出したいけどどこに出せばいいのかわからずに困っている方は鍛錬所にも声をかけてみてくださいませ~

 

で、

話に続きがありまして、荷物の中にこんな美しいものが入っていたワケです。

f:id:cyancy:20161215104227j:plain

箱をよく見てくださいね。「最高級品」って書いてありますやん。

これはアレだな、
間違えて入れちゃったヤツだな、
使わないで送り戻すヤツだな、
と、この美しい和ばさみをもう一度箱に入れて震えるワタクシ。

どうしていいのかわからなくてご本人に確認したら「使ってください」とのことで

わ、私が頂いていいのん?(感激)

 

頂いた和ばさみがすごかった話  

以前、私は別のブログでフランス製のはさみにぞっこんの記事を書きました。

shugei.hatenablog.com

 

洋物のはさみをアチコチのブログで絶賛する私に、日本のはさみの良さも知ってもらいたい。そんな気持ちで選んで贈ってくださった、ということなのですね。

ちなみに私が和ばさみを使っていないのには理由があるのですね。

【私の和ばさみの思い出】

私は小学生の頃、母の錆び錆びの和ばさみを使っていた時期がありました。
和ばさみは握って切るはさみです。
握って切る。そして力を緩めると元の形に戻ります。
母の錆びた和ばさみはチョキンとやると戻ってこない。
錆びた刃と錆びた刃が引っ付いて戻ってこない(怒)
なので、チョキンとやったら両手でもとの形に戻す。チョキンとやったら両手で元に戻す、の繰り返しとなるのですね。
しかも切れない、という(怒)

 

当時小学生の私は思いました。
(/ω\)和ばさみってホント最悪や(怒)

※注)錆びて使えなかっただけで和ばさみは悪くありません

 

まあ切れないのも使いづらかったのも母のはさみが錆びていたのが原因だと思うのですが、小さい頃のイライラした経験から ずっと和ばさみに全く興味がなかった私なのです。

こんな機会がなかったら和ばさみを使うことも無かったと思われます。和ばさみを使うきっかけをいただいて本当にありがとうございます。

以下、あまりに和ばさみが綺麗なので ここで自慢したいと思います。

f:id:cyancy:20161215110351j:plain

丁寧に研がれた和ばさみです。
握りやすいし、切れ味も抜群。はさみの先も美しく尖ってます。
刃の部分は一見平らに見えますが、指でなぞると僅かに湾曲していて、加工の良さが光るのですね。これはヨダレがでる。

和ばさみってカッコイイのね~ (*´▽`*)←金属好き

ある程度の握力があれば手にマヒが残る方も、握るタイプの和ばさみは比較的使いやすいかもしれません。

 

今、この糸切りばさみは私の隣にずっと待機していますよ。

糸切りを手に取って、眺めては切り、切っては眺め、置いて眺める、を毎日繰り返しています。加工に感心して眺めてばかりいるので、私の手指となって使いこなせる日はかなり遠いと思われますが、たぶん私はこれからずっとこの糸切りばさみを使っていくのです。

ネットで本当に手軽に物を買える世の中になってきていて、なかなか物に対して深く思いを寄せて使うことも少なくなりましたけど、
この和ばさみを私に贈ってくださった方はいろんな想いを持って この糸切りばさみを私に選んでくださったわけで、私が自分でパソコンでポチって揃えたどの裁縫道具よりも長く長く大切に使うであろうことは間違いないです。ハイ。

ありがとうございました。m(__)m

以上、はさみをもらったという自慢話でした。

 

はさみ爆裂関連広告と関連記事

cyancy.hatenablog.com