cyancy’s blog

ハンドメイド販売が生業。いかにハンドメイド商品を売り込むか、日々攻略中。

私のかわいい姑

 

 

ハンドメイドの仕事で急ぎのオーダーを2件、必死でやっつけたら、夫の実家から電話がかかってきました。

姑が恐る恐る「あなたの作った服を気に入ってくれた知人に頼まれてしまって・・・作ってもらいたいんだけど・・・」と私に言いました。

「オーダーは無理です、絶対無理です」って私は言ったんだけど、どうやら姑はすでに「嫁に作らせるから大丈夫!任せておいて!」と仕事を受けてきてしまっている模様。

 

作品の納品期日から値段まで姑に勝手に決められたハンドメイド作家のシアンです。こんにちわ

 

コッチのスケジュール全無視 (/ω\)アカーン

 

私は過去、夫の兄弟の嫁に頼まれていろいろ作ったら私を召使扱いするという不快な仕打ちをされました。姑にいたってはサイズの確認をするたびにサイズが変わるという適当さ。いろいろとひっかきまわされて迷惑だったので、夫の親類からの仕事は受けないことにしています。夫にもそのように伝えています。夫の実家にも「これ以上、仕事をつめることはできないから今後一切のオーダーを受けないことにしました。」と言ってあります。

 

なのに、いつも仕事をとってきてくれて感謝の気持ちは言い尽くせない

(/ω\)(怒)

 

私の可愛い姑

  

ファスナーのつけ方がばっちりわかる! ファスナーの本

ファスナーのつけ方がばっちりわかる! ファスナーの本

 

 

そもそも姑はお口が少々お軽くていらっしゃるので、その辺をなんとかしなければいけません。何度も試してみていますが、お口にチャックはできないようです。

 

しかし、しかしですよ、
仕事先で、お友達とのお食事会で、そして旅行先で泊まったホテルの従業員にまで、「ウチの嫁、ハンドメイド作家をしているの。あなた、ネットとかご覧になるかしら?嫁は売れっ子でね、ネットショップでね、、、」と嫁を自慢してくれる見栄っ張りな優しい姑を私が怒れますかって話ですよ。

 

ハンドメイド作家なんて大変なだけで収入はほとんど無いだろうから、と、彼女なりに私の仕事に協力してくれていると思うのです。(と、ポジティブ)

 

(/ω\)悪気が無いから本当に困るのよ(と、ネガティブ)

 

一応、私が「オーダーは受けない」と言ったことは覚えているらしいのです。でも、姑はおしゃべりが大好き。いろいろしゃべっているうちに私の話までしてしまうらしい。

話相手が私のショップを見て「おや、これはいいですねぇ、欲しいですねぇ」とお世辞を言ってくれると、姑は嬉しくなってつい気が大きくなってしまう模様。「わかったわ、作ってもらってくる!値段は〇円ね。〇日までに作らせるから!」とか言ってしまうらしい。

家に帰って来てから姑は不安になるようです。恐る恐る私に電話をよこします。

 

「あのね、ごめんね、あなたの作ったのを気に入った人が、、、」

 

・・・。(/ω\)

 

・・・。(/ω\)(ため息)

 

私のかわいい姑なんです。


いいんですよ、そういう家に嫁いだんだから(怒)

 

またねー