cyancy’s blog

ハンドメイド販売が生業。いかにハンドメイド商品を売り込むか、日々攻略中。

スカウトされるハンドメイド作家は何が違う?

 

 

2016年7月更新

シアンです。ハンドメイドはお好きですか?ハンドメイド作家の裏話アレコレをご紹介しています。

今回は「天狗」、「スカウト」について考えました。

 

スカウトされることって、日ごろ無い。私は平凡なので。

 

それなのに、そのはずなのに

ワタシったら

いただいちゃうんですよぅ、スカウトメール。

 

ええっ!何でぇ!? (/ω\)アタシも知りたい

 

スカウトしてくださった方は、雑貨や洋服を中心にお子様用のアレコレを販売している個人店のオーナーさんで、気に入ったハンドメイド作家さんの商品も委託販売をされている方のようです。 

で、ちょっと変わった子ども用品を細々と販売しているシアンに声をかけてくださったんですが。

 

スカウト理由としましては「作品が素晴らしいから」と、言いたいところですが
(/ω\)違います。

 

ここで天狗になってはいけません。(アタシは少し天狗になった)

 

実はさ、スカウトにはカラクリがございます。


自分オリジナルのオンラインショップを持っているかどうか。

これがカラクリです。 

では詳しく説明していきましょうか。

 

スカウトされるハンドメイド作家は何が違う?

 委託販売サイトでは通常、作家の連絡先などプライベート情報は公開していません。
そのためお客様(会員)と作家が連絡を取り合う場合は、運営サイトの管理(監視)下のもと、メッセージをサイト上でやり取りします。

つまり、ここでスカウトマンがスカウト的内容のメッセージを作家に送ろうとすると、ルール上「不適格」と勝手に削除・ブロックされてしまうわけです。

だから委託サイトだけで販売している限り、通常スカウトがくることはまずありえません。

 

以前、とある委託サイトのプロフィール欄でこんなことを書いていた作家がおりました。

「当店の商品はノークレーム・ノーリターンです。一切の苦情は受け付けません。クレームされた場合、今後商品の販売を受け付けません。

ショップオーナー様へ
ただいまショップに商品を置いてくださるオーナー様を募集しています。ぜひスカウトください。

 

アタシの感想としましては、 

お客様にはすごく威圧的な作家さんだねぇ。(/ω\)いやや、こんな作家

性格が良くて才能のある作家は腐るほど居るんだよね。

そもそも委託サイトからスカウトするわけないじゃん。

 

と、心で突っ込みました。(/ω\)わざわざ教えてやる必要もないし

 

さて、話はそれましたが

コレ(委託販売)に対して、オンラインショップを立ち上げている作家なら、連絡先が必ずかいてありますから(法律で決まってますから)作家個人のメールアドレスや電話番号も入手できます。つまり直接交渉することが可能となるわけなんですね。

だから、私のところにも月2回くらいのペースでスカウトがくる。
手当たり次第って感じの営業も多いですが。←これはウザい。

 

ブログやTwitterでも接触できるんじゃないかな?と思うかもしれませんが、基本的にハンドメイド作家なんて掃いて捨てるほどいますから、よっぽどの実力、作品力のある方じゃないと、いちいちブログまで追いかけてこないと思います。

まあ、ブログに「スカウト募集」とでも書いてみてください。
ろくなスカウトきませんから。

 

ちなみに、オリジナルのオンラインショップは無料で作れます。
ネットショップオーナーになるならBASEがお薦めです。

ハンドメイドサイトのような気軽さで自分だけのネットショップが運営できます。
様々な窓口として活用するのにもいいと思うのです。

随時ネットショップオーナー登録絶賛受付中だそうです。

他のハンドメイド作家と差のつくネットショップオーナーへ。

ハンドメイド作家は自分だけのお店をもつのがステイタスな部分もあって、ぜひネット販売に慣れてきたら自分のネットショップをもつことを夢見てください。

 

cyancy.hatenablog.com

cyancy.hatenablog.com

 

 

まとめ

試してみる価値あるんじゃない? 

ネットショップのはじめかた -サイト作成、ショップ運営をたのしく、快適にする ―― 理想の店づくり-

ネットショップのはじめかた -サイト作成、ショップ運営をたのしく、快適にする ―― 理想の店づくり-

  • 作者: 岡本正,久松慎一,井上綾乃
  • 出版社/メーカー: ビー・エヌ・エヌ新社
  • 発売日: 2014/07/14
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
  • この商品を含むブログを見る
 

   

またね!