読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cyancy’s blog

ハンドメイド販売が生業。いかにハンドメイド商品を売り込むか、日々攻略中。

年の瀬に夫が胃腸炎になった件

何気ない日々の憂鬱

 

 

こちらハンドメイド屋のシアンです。こんにちわ

 

棚卸も終わって、今はのんびり夫の手袋を編んでいます。

 

 

(/ω\)

 

夫が胃腸炎

病院の最終日に胃腸炎に倒れました。

 

水分も取れないほど突然具合が悪くなりました。

病院が開いていて良かったです。

 

 

年の瀬に夫が胃腸炎になった件

 

激混みの病院に朝8時30分に夫だけ置いてきた。

10時半頃「どう?診てもらえた?」とメールをしたら

「まだまだ」と返事が返ってきました。

12時半頃、心配になって病院をのぞいてみたら激混み。

うわー、インフルエンザの人がいませんように

 

夫は朝の8時半からずっと待って、昼過ぎにやっと先生に診てもらえたそうです。奥の部屋で点滴をしてもらっていました。

 

夫は慎重が190センチ近くあります。

病院の簡易ベッドで点滴を受けている夫。

ふくらはぎからむこうがベッドからはみ出している夫。

 

か、かわいそう(爆笑)

 

点滴中は私は何もしてやれないので、ほうっておいて帰ってきました。

 

夕方4時近くに夫が疲れた声で「迎えにきて~」って電話をしてきましたので慌てて迎えに行きました。

 

病院はまだまだ混んでいました。

 

60過ぎの先生がたった一人で奮闘しています。

この先生は子どもが夜中に熱を出した時も病院を開けてくれます。

嫌な顔もせずにこどもを診てくれて、休み中も心配なら遠慮なく電話して診せにおいで、と言ってくれる先生です。

 

先生、倒れないでね。

 

顔色の悪い夫を車に乗せて家に帰りながら、そう思いました。

 

 

夫は丸1日寝ていたら元気になりました。

病院の簡易ベッドで足が寒かったそうです。

 

か、かわいそうに(爆笑)

 

今夜は私の仕事の会計を手伝ってもらわねばなりませんから、夫が治って良かったです。

 

エンタの神様を見て以来

こどもは「つ、つ、つ、都合いい、女です♪」と、近所に響き渡る大声で歌います。

 

うざいです。

 

まぁ、来年もこんな感じでグダグダな毎日を過ごすのでしょう。

それはそれで幸せな日々。

 

では良い年を