読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cyancy’s blog

ハンドメイド販売が生業。いかにハンドメイド商品を売り込むか、日々攻略中。

今日ある幸せと苦しみ

 

 

数年前、伯母が突然倒れ意識が戻らないまま1か月後に亡くなった。

伯母の家には、生まれついて脳に障害を持ったアタシのいとこがいる。

グループホームで独り立ちしたばっかりだった。

 

そのときから私は

今日があって明日がある幸せを感謝している。

当たり前のように今日眠りについて、明日起きる幸せを

当たり前の毎日を

 

心から感謝している。

f:id:cyancy:20150917172621j:plain

 

1年前、こどもの友人の父親が急死した。

一番下のこどもは0歳だった。

妻と3人のこども達、同居している父を残して逝ってしまった。

 

よくあることだと思うか

死は我々のすぐ手に届くところにある。

 

しばらく前に、実家の近所の男性が事故に遭った。

自分の車の後ろに立ってトランクを開けていたら、後ろから走行車に突っ込まれたそうだ。

死を覚悟し、長時間の手術の末に一命をとりとめた。

車いすの生活が始まった。

意識はあるが体は力が入らずにぐにゃぐにゃと曲がる。

今までの日常のすべてを失って、ベルトで固定されて生きていく。

若い頃に幼い娘を病気で亡くし哀しみ、もう一人の娘が独り立ちをした直後だった。

妻と老後を楽しむ話をしていた直後だった。

 

そして

今日、事故の話を聞いた。

 

知人が少し前に事故に遭ったそうだ。

私も少しだけ面識のある人だ。

 

仕事中に事故に遭ったらしい。

背骨、首の骨を何か所も骨折して

荷物に潰されたそうだ。

助け出されたときにはすでに

心肺が停止していたそうだ。

 

医師が意識はもう戻らないと言ったそうだ

 

ずっと動かないまま生きていく

死ぬまでベッドで生きていく

幼い子と妻が寄り添って

 

 

死はすぐそばにある。

生があるならまだいいのか、

障害が残っても意識が戻ればいいのか

 

それぞれの重い苦しみを比べてはいけない

他人が軽々しく比べて何の意味があるというのか

 

 

それでも妻は生きていかねばならないのだから