読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cyancy’s blog

ハンドメイド販売が生業。いかにハンドメイド商品を売り込むか、日々攻略中。

雑貨屋に行ってきました。

何気ない日々の憂鬱

 

 

突然ですが「オズの魔法使い」はシリーズになっていて全14巻です。
オズシリーズについて細かく説明して、夫にドン引きされた者です。

( ̄▽ ̄)コンチワ!  

なぜ「オズの魔法使い」がこんなに好きなのかはわかりませんが、ライマン・フランク・ボームの本で和訳された本はたぶん全部持っています。

 

「それが何なの?」と訊かれれば
「すいません、それだけです」と、しおれます。

 

オズの魔法使い (ハヤカワ文庫 NV (81))

オズの魔法使い (ハヤカワ文庫 NV (81))

 

 

すみません、ハンドメイド屋のブログです。今日もハンドメイドについて書きます。

 

雑貨屋に行ってきました。

f:id:cyancy:20151024132714j:plain

ワタクシには、もはやジャンク雑貨はガラクタにしか見えません。ゴメンナサイ。
「こんな錆びた鉄、お金出して買うか?」とか思ってゴメンナサイ。
こんな感性でハンドメイド屋やっていてゴメンナサイ。
 

 

話がズレそうです。

雑貨屋に雑貨を買いに行くわけではありません。

ハンドメイド屋が雑貨屋に行くということは、すなわち偵察です。
商品の売れ筋を眺めにいくのです。

雑貨屋の雑貨は、雑貨屋に並べてあるから「オサレ」なのであって、間違っても「気に入った」からといって自宅に買って帰ってはいけないのです。

 

ホコリをかぶるだけ。
類義語:ゴミが増えるだけ

 

よく、オサレハンドメイド作家のアトリエに雑貨が飾ってあるのは
「新築の無垢の家を自慢するオサレ作家」という新ジャンルだと思ってください

同じ仕事をしている私からしてみたら、あんな非効率的なアトリエでは効率的な仕事はできないだろうと推測します。

でも、いいんです。

どうぞ「新築の無垢の家を自慢するオサレ作家」として、鼻毛でも抜きながら素敵商品をのんびり作ってくださいませ。

 

 

ゲジゲジとか出ればいいんです。
ひがんでないと言えばうそになります

 

 

話がズレました。

 

雑貨屋でどんな雑貨が並んでいるのか見てきました。

雑貨屋さんといえども、お洋服ってたくさん置いてあるんですね。
そして雑貨屋さんで服を購入されるお客様も意外に多いのですね。

私はこの冬もユニクロです。フリースを着て仕事をしていると糸くずがでます。フリースを着ていると静電気で服にくっつきます。

ついでにその辺をゴロリと転がればお掃除要らずですね。

 

夢が無くてゴメンナサイ。(/ω\)薄汚くてゴメンナサイ。

 

話がズレました。

気を取り直してもう一度。

 

流行りだした雑貨を見ておきたいので定期的に雑貨を偵察しに行きます。

ハンドメイド販売で私がターゲットにしているのは、雑貨好きな20代後半から30代のママさんたちです。

彼女たちは子育てに追われて家にこもりがちになるので雑貨に癒しを求める年代です。
なので、雑貨の流行に好みが左右されます。
そこで彼女たちの好みを知るべく、私は雑貨を偵察することにするワケです。 

 

今、どんなのが流行ってるのかなぁ、
新しい素敵雑貨、並んでるかなぁ、

 

 

なんでこんなガラクタがいいのかなぁ。(/ω\)

 

 

 おっかしいなぁ、今日は話がズレるなぁ。

結論

ちょっと不調ですね。寝てきます。

 

小さな雑貨屋さんのつくり方 ~自宅でも、webでも、小さくてもできるのです~

小さな雑貨屋さんのつくり方 ~自宅でも、webでも、小さくてもできるのです~

 

 

また明日!