読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cyancy’s blog

ハンドメイド販売が生業。いかにハンドメイド商品を売り込むか、日々攻略中。

経験値の差は隠しようがない

ハンドメイド販売攻略日記

 

 

もしもし、こちらシアンです。ハンドメイド屋です。こんにちわ

 

いやぁ、最近ちょっと心地よい絶望感を味わっています。

私はハンドメイド屋ですから、ハンドメイドについてのブログを書くワケです。そしてこのブログを書き始めてからいろんなハンドメイドブログを読みました。

他人のハンドメイドブログを読んで、私がブログを書くときに気を付けるようになったことがいくつかあります。

 

毒も皿まで楽しめるヤツだけ読んでってな。

 

他人のふり見て我がふり直せってヤツ

 

  Amazonで販売中だ。2,980円だ。

 

きどったブログを書かない

まずコレ。ブログを読んでいてオンナ臭が鼻につくブログがある。
もう、コレは感覚としか言いようがなくて説明できないけど

 

きどったブログのオンナ臭は強烈で鼻が曲がる。(/ω\)特にプチセレブ

 

まぁ、オトコにゃぁ、わかるまいよ

オンナ臭がすごくて、本人も自分がきどってることに気づかないから最悪だと思うワケであります。

 

天狗自慢をしない

私は過去記事で鼻持ちならない天狗なことを書いているけれど、これはヒドイ。(/ω\)

売上自慢については上を見ればキリがないので、ばかばかしく思えてきた。売上自慢をしているうちはダメなんだな。

そもそもトモダチに自慢してトモダチがいなくなるような自慢話をブログに書いたところで、読むとやっぱり気分悪いんだよ。

 

売れっ子になることもそれを自慢することも私の仕事ではないと気が付いた。

 

はっきり書いとけ

よそのブログサービスで「アチラのブログではこんなふうに書いてあったけどそうとも言えるしそうじゃないとも言える。」

と、私の記事についてハンドメイド作家たちから遠まわしにグズグズな記事を書かれることが頻繁にあるが、書くなら自分の意見ぐらいはっきり書けよ、と言ってやる。

 

アタシは見てるんだよ (/ω\)ごめんね、本当に見てる。

 

いろんな意見があるワケです。直球で「考え方が違う」と書かれたほうがスッキリ気分がいい。

なので、読んでいてイライラするような、どっちつかずにグズグズ書く中途半端な記事は極力書かないことにした。

まぁ、文句ばっかり書いてる浅いブログだから、私の文句を書かれるのはべつにかまわないのであります。

私の文句書くならついでに私の記事も貼りつけてくれると嬉しいのでぜひお願いしたいところだ。

 

微妙な手段は書かない

微妙なノウハウは書かないようにしてる。

ネットショップに関しても特定商取引法に関する表記について、画像貼り付けとか紹介している人をたくさん見かける。すげー神経だよな。いや褒めてるんですよ。すごいねって。

わからない方は「特定商取引に関する表記 画像」で今すぐ検索だ。

 

確かにそういうやり方もアリなんだろうな。いろいろ事情があるんだろうし、便利だな。

 

コソコソ隠れてネットショップやってるイメージがついた。残念だ。

 

経験値の差は隠しようがない

ブログを読んでいて見えるのは、そこには圧倒的な経験値の差が存在する。

意見がしっかり書かれていて、流れるような文章で、すごいなぁと圧倒される。読んだ後は、本当に自分のブログが粗末で恥ずかしい。

今日、ちょうどその、私が圧倒されて一目ぼれした文章を書く人とツイッターでお話できて、恥ずかしくてドキドキしてしまった。(´▽`*)

 

私にはああいう記事はかけないなー。

自分1人だけで完結してしまう私のようなハンドメイド作家の場合、記事内容の薄さは隠せない。勉強してみてもダメなんだよ、経験値は結局、苦労して経験しないと上がらない。

 

なんでハンドメイドのノウハウブログってどれもこれも似たようなこと書くんだろうな、当たり障りなくてつまんないな、ってずっと思っていた。

どれもこれも、経験値が少なすぎて同じようなことしか書けないってことに気づくまでしばらく時間がかかったな。
なにしろ自分が経験値ゼロのアホだから気づかなかった。

 

最近、自分のブログの薄さにウンザリだ。
もっと違うことしなくちゃいけないんだな、きっと。