cyancy’s blog

ハンドメイド販売が生業。いかにハンドメイド商品を売り込むか、日々攻略中。

ハンドメイドで売れ筋だけを作るというジレンマ シアンのハンドメイド販売

 

 

2016年10月更新

ハンドメイド屋シアンです。コンチワ!( ̄▽ ̄)
ハンドメイド販売のアレコレを誰もお願いしてないのに勝手にご紹介している迷惑なブログです。今日は、ジレンマについてお話ししましょう。

f:id:cyancy:20150816171732j:plain

画像はイメージです。アタシはおっさんじゃない。

売れ筋の定番商品がすぐに売れてなくなる

突然自慢話、すんじゃねぇよ、( ̄д ̄)ちっ
と、お思いの方もいらっしゃるはず。 

ええ、自慢ですとも ( ̄▽ ̄)いひひ

 

売れ筋は偶然見つけました

 アタシの作るレッスンバッグは形が特殊で、その形のレッスンバッグを使用する県が限られているため、当初、需要・供給ともに少ないと思われました。

しかしアタシの住んでいる県では定番の形でしたので、どこまで受け入れられるか試しに販売してみたわけです。

 

売れました ( ̄▽ ̄)

 

出品日に売り切れました。
アタシも驚愕です (/ω\)ホント驚いた 

どうも、潜在的に需要はあったようですが特殊な形のために作家が誰も作っていなかったらしく、お客様が飛びついた模様。

しかも、このレッスンバッグを使用しない地域のお母様まで「便利そう」と購入してくれた模様。

 

・・・。

 

にやり( ̄▽ ̄)

 

ニッチ、みーーーっけ! 

 

( ̄▽ ̄)いひひ

当時↑いやらしい笑いがとまらなかったです。(/ω\)

 

ま、そんなこんなで地域限定のレッスンバッグはよく売れるので、今ではアタシの定番商品となっております。

 

しかし、売れ筋がゆえのジレンマがあるワケです。 

ジレンマその1 定番のくせにいつも無い

1か月の製作予定をたてて製作しているので、売り切れてもすぐに作り足すことができない。一人で作るので作る量はそんなに多くない。

売れるとわかっているのに商品が無い。

このチャンスロスは最悪です (/ω\)アカン

 

ジレンマその2 頑張って作るのにやはり無くなる

製作計画を見直して、いっぱい作って、値段も大幅に上げたのに、なくなる。

一人では限界なので作ってくれる人を雇おうと思ったけど 

誰も雇われてくれない 。 (/ω\)イヤって言うのよ

なので、ここ最近はずっと定番商品だけを作り続けています。

 

ジレンマその3 でも本当は好きなものを作りたい

あぁ、作りたいモノを、作りたいときに作りたい。
やりたいことをするためにこの仕事始めたはずでしょ?
こういうことをたまに思うわけです。 

お金のために「作らなきゃいけないモノ」をずっと作っているうちに、仕事が楽しくなくなっちゃったりするんだよぅ。お金のためにミシンを動かすのが苦痛になるわけね。 

でも、販売する以上はお金になるものをしっかり作っていかないと利益がでないのね。
で、アタシの仕事って何だろう?って考えるワケなんです。 

 

アタシって、所詮ハンドメイド屋でした

考えてたどり着いた結論としては、アタシは所詮ハンドメイド屋なので

売れ筋を作るのがアタシの仕事なわけです。
売って稼ぐのがアタシの仕事なわけです。 

アタシの作ったものをお金をだして買ってくださる人がいて、買ってくださった後

「とっても娘が喜んで、寝る時も離しません!本当にありがとう」

なんて、嬉しいお礼のメールをくださる。

 

アタシの黒い心が洗われるような気がします。 

( ̄▽ ̄)気がするだけ。心は黒いまま

 

お子様方が喜んでくれて、お母様がそれを見て「買ってよかった」って喜んでくださって、ありがとうって言ってくださる。 

ハンドメイド屋はそれが嬉しいので今日も定番を作るのです。それしかない。 

作りたいものを作りたいときに作るのは、きっと趣味の人とアーティストやね。アタシはハンドメイド屋やしね。って思うようになった。

 

まとめ

ホント、お客様のおかげやね

 

またね!

関連記事

 

cyancy.hatenablog.com 

cyancy.hatenablog.com