読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cyancy’s blog

ハンドメイド販売が生業。いかにハンドメイド商品を売り込むか、日々攻略中。

面倒なお客

 

 

こちらハンドメイド屋のシアンです。こんにちわ

 

年末に夫が会計ソフトで私の収支をいじっているのを見て思いました。

 

ブログ収入って、在庫抱えなくて最高。

現在、私基準で1週間分の仕事に匹敵するブログ収入があります。

 

棚卸なし、ロス管理なし。 ( ̄▽ ̄)まぁステキ

仕入れなし、出荷なし。( ̄▽ ̄)まぁ楽チン

 

面倒な客対応なし。( ̄▽ ̄)これ大事ね

 

面倒なお客

イヤな客には売るな!―石原式「顧客化戦略」の全ノウハウ

イヤな客には売るな!―石原式「顧客化戦略」の全ノウハウ

 

 

ハンドメイドを販売していると一定の割合でお客様からオーダーの問い合わせがあります。オーダーを受けて作るスタイルの方はそれでいいのですが、私はオーダーを受ける余裕がないので現在は全てお断りしているワケです。

お断りすると食い下がられます。

それはそれで大変嬉しいのですが、私は食い下がってくるお客さんが苦手なのです。

 

「気に入ったので、お金なら高くても構わないから」

 

この手のことを言う女が嫌い。( ̄▽ ̄)

 

私が「申し訳ございませんがオーダーをお受けしておりません」とお断りすると「お金なら高くてもかまわない」と、先方がお金の話をして誘導してきます。

 

お金なら高くてもかまわない、ですってよ。

どういう神経で言ってるんだろうね。実際に高くお金をいただこうとすると怒り出すのにさ。

 

たぶん、パーマをかけたらご自慢の鼻毛が縮れてしまったのでしょう。その腹いせに私に怒り出すんですよ。八つ当たりですよ。

 

とにかくこういうことを言う方は、私の常識と違う世界にお住まいのようで、気まぐれでオーダー内容を突然変更してきたりする。

 

私は今までに何度か面倒な思いをしたので、「お金なら高くて構わない」というお客は積極的に嫌いです。

 

ハンドメイド販売をされている奥さん、オーダーを受ける前にお客さんの鼻毛が縮れていたら要注意ですよ。あとから面倒なことを必ず言い出します。

 

「お金なら高くてもかまわないから」というお客は例外なく鼻毛が縮れています。

 

お気を付けください。

 

またねー