読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cyancy’s blog

ハンドメイド販売が生業。いかにハンドメイド商品を売り込むか、日々攻略中。

クレームがカワイイと思う件 シアンのハンドメイド販売

ハンドメイド販売+トラブル

 

 

 

「届いたモノがイメージと違ったし、何これ、超要らないんですけどー」とお客さんにお怒りのメッセージをいただいた残念な作家、ヘナチョコシアンです。

現在クレーム対応真っ最中だけどコンチワ (≧▽≦)アハ!

 

お客さんの書き方はアレだけど、イメージが違ったら要らないよな。楽しみに待ってたのに残念やろうな。と思うワケです。
ヘタクソのヘナチョコハンドメイド作家の私としては、お客さんに不満が残らないように急いで対応するのです。そしてしばらく凹みます。

 

思えば昔々、私がお店で店員さんをやってた頃はそれなりにミスもしましたので、しばしばお客さんに嫌味を言われましたし、怒られもしました。
私には些細な事でもお客さんにとっては大切なことなのだと学びました。未熟で不遜な自分が恥ずかしく、お客さんに本当に申し訳なく思ったことが何度もあります。

 

しかしながら、怒られる理由が最後までわからなかったことが1回だけあります。

突然お客さんが私の前に立って、お前の顔が気に入らないとか、お前は背が小さいからって自分のことをかわいいとでも思ってるのか!? とかって怒鳴りだしたのです。
(心の声)いや無理。対応無理だから。

何に怒っているのかも言わないし、とにかく相手と話が通じない。お客さんがずっと「顔が悪い、背が低い」と怒るので「顔がすいませーん、背がすいませーん」とか対応してたら、案の定もっと怒られました。(/ω\)アカーン

「すましやがって、このやろう」と言われ、挙句に「もう、お前を店に出られなくしてやる」とか、地味な感じのメガネおばさんに黄色い声で言われました。
(心の声)あぁソレ、恐喝だから。警察とか呼んじゃうから。

結局、周囲のお客さんが引くほど長時間にわたってわめき散らして帰っていきました。

が、

おさまりのつかなかったクソ地味メガネババァは家に帰って店長に電話。1時間クレームつけた、と。店長もマネージャーも「どうも病気みたいだ。」という結論でしたが、店の対応としては『客に対し不遜な対応だった』ということで私が4時間の出勤停止処分。つまり、その日の仕事を早退させられました。くっそ~。

 

それに比べたら、ネットショップのクレームなんて、メールで「何コレ、超要らないんですけどー」とか強気のメッセージがせいぜい。

 

なんてカワイイの❤(´▽`*)

※例外はあります。

 

お店では苦情とか3分でも待たせたらものすごい怒られるのに、ネットでは1時間後にメールで状況を説明して「確認中です。もうしばらくお待ちください」とか書いても怒られることもない。それどころか「迅速で丁寧な対応をしてもらって、勝手なことをお願いして本当にすいません」とか言ってくれることも多い。

 

なんて優しいの❤(´▽`*)

 ※例外はあります。

 

お客さんからのクレームがムカつくあなたへ

客からのクレームがムカつくとかネット販売はクレームが怖いとか思ってる方はスーパーで食品レジ打ちのアルバイトをしてみたらいいと思う。特に混み合う夕方と土日はエキサイティングだ。

 

アンパンマン おみせでおかいもの スキャンでピッピ!アンパンマンレジスター

アンパンマン おみせでおかいもの スキャンでピッピ!アンパンマンレジスター

 

 

スーパーの食品レジって、なんであんなにイラッとするんだろうね。オバちゃんも必死で打ってるのにね。誰も悪くないのにね。

 

自分の並んだレジだけが異様に進むのが遅い、とか

並んだら新人研修レジ、とか

食品を放り投げるオバはんレジ、とか

汚そうに食品をつまむレジ、とか

麺の入った焼きそばの袋を異様にモミモミするレジ。(/ω\)アカーン

 

お客さんが後ろで長い列を作っているのに、平然と1円玉をたくさん数えながら時間をかけて会計するじぃさん、ばぁさん。

山盛りのカゴの中身を会計した挙句、クレジットカードが使えなくて全部返品しようとする若いお客さん。

 

レジの列に並んで待たされているお客さんの怒気と殺気を横顔で受けながら、平然とレジ業務をこなすプロフェッショナルな店員さん。パートさん、アルバイトさん。 

 

スーパーの食品レジで鍛えられたら、ハンドメイド販売でのクレームなんて何も怖くないんじゃないだろうか。

 

そんなことを考えながら、キャンセル料がお客さんにかからないようにキャンセルする方法を確認して、ご案内しました。急いでお客さんに返品用の封筒を送らねばなりませんな。

 

おしまい