ただいま思案中。

ハンドメイド作家がネットをさまよっています。

姑の本気の話術が炸裂した日

 

 

新型コロナウィルスの感染拡大の影響で、様々な日曜品の不足に悩まされる今日この頃
皆さんいかがお過ごしでしょうか。

コンニチワ、ハンドメイド作家の私です。

ハンドメイドの資材が底をついてしまったり、納品先の旅館が緊急事態宣言後に長期休業となってしまったり、
そんなこんなで現在、私のハンドメイドのお仕事は休業中。

副業でライティングの仕事もいただいているけれど、この仕事も本格的な不況が訪れたらどうなるかわからない。
今は、先行きの見えない憂鬱な毎日を送っておりまする。

姑の本気の話術が炸裂した日

先日、姑が電話をくれましてね。

どうも話から察するに、
姑のお友達に「ハンドメイド作家のお嫁さんにアレとコレを作ってもらいたい」と頼まれて、気前よく引き受けて私に電話を掛けてきた模様なんです。

サラリと書くと何の問題もないのだけど、私はこの姑のお話を断ったのですね。

***************

私の可愛い姑は「見栄っ張りのおしゃべりさん」だから、ついつい唾を飛ばして孫や息子や嫁の自慢話をしてきてしまう。
なんなら話も作って大きくしてしまう。
そして見栄を張って大風呂敷を広げた挙句、手に負えなくなった話をこちらに押し付けてくることが時々ある。いや、結構ある。

もう、この後始末が実に大変。

ちなみに結婚前はずっと実母に同じことやられていました。
「私が言えば、何でも作ってくれるのよー」って。
(/ω\)母も姑もお口のチャックが壊れてるんですよ。

以前は、断り切れずに作ってたけど
正直なところ、母や姑の「見栄」や「自慢したい欲望」は歳をとるごとに膨らむ一方。
あちこちで話を大きくしてしまうし、プロデューサー気分で口を出してくるから、振り回されて私は疲れてしまうのです。

(/ω\)振り回された後、嫌な気分になるし怒りすら覚えるのよ。

引き受けて・仕事を引っ掻き回されて・何度も嫌な思いをして
やっと私は「母も姑も自分の言葉に自分で責任を持てばいい」と思えるようになりましたね。

そうだよ、尻は自分で拭くんだよ。

***************

そんなこんなで意識改革を済ませていた嫁は
電話で姑が「お友達に頼まれて、あなたに作ってもらいたいものがあるんだけど」と遠まわしに匂わせ始めたタイミングで即「できません」とお断りしたのね。

しかし、姑もそこでやすやすと引き下がるわけじゃない。
以前、私を「不幸な女」呼ばわりした姑が、本気で私を懐柔しにきたんです。

 

「他の人に頼んでもあなたのように上手に作れないのよ、あなたの作ったものは本当に可愛いし素敵なのよねぇ」と褒めたおして

「今すぐ作らなくてもいいの、手が空いた時でいいの、いつでもいいのよ」とたたみかける

「最初は私も断ったのよ、嫁は忙しいからって。だから、あなたは無理しなくてもいいのよ」と、私に同調してからの

「でもお友達があなたの作ったのが絶対良いって言うの、だってホラ、小さなお孫さんが欲しいって泣いちゃって」と情に訴えかける

姑、怖え。
(/ω\)詐欺師みたいなテクニック使って、めっちゃ丸め込みにくるやん。

 

「断りたい」って思ったときは、こういう話を最後まで聞いてはいけないのよね。

話を聞いている時点で相手のペースに巻き込まれて断れなくなってしまうし、
そもそも、ご機嫌取りのお世辞って聞いてるだけで不愉快だし。

そこで私は、電話だけど少し大きな声でもう一度お断りしたのよね。
「あのね、私は作らないから。お断りし「あなたが忙しいのは分かってるから、大丈夫よ、いつでもいいのよ」

姑、怖え。
(/ω\)私の話を遮って自分の話をたたみかけるって詐欺師の手口やん。

人様の話を遮って自分の話だけを通そうとするのって、失礼だよ?(怒)

私の話を全て遮ってくるあたり
こころなしか私を下に見てる感じがするし、自分の言うことを聞かせようとする狡猾さも見えてくる。

不快 (/ω\)私、下に見てくるヤツが大嫌いなんですよ。
※昔、私に同じことをした夫の兄弟の嫁には、きちんと後日「アンタ嫌い」って言いました。

ここで私ったら、すっかりスイッチが切り替わっちゃってね
姑の止まらない話を遮って、電話口で大声はりあげて「きちんとお断りしてね。私引き受けないから。仕事忙しくて今日締め切りでヤバイから。もう電話切るね」と一方的に話を切り上げてしまいました。

 

ふぅーーーーー(/ω\)断れてよかった
断るって、疲れるよね。

 

その日の夜、帰ってきた夫に「可哀そうだけど、姑の頼み事は全部断って電話切っちゃったよ」と報告したところ「ウチの親がすまないね~、いつもすまないね~」って言う。
夫曰く、数日前にも姑から電話があったのだとか。
(/ω\)どうも、嫁と話す前に息子に電話を切られたらしいのよ。

息子に電話を切られ
息子が仕事で不在の時間帯を見計らって嫁に電話をかけてきたなんて。

断られても断られても絡みついてくる、可愛い姑の鋼鉄の心臓に乾杯。