読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cyancy’s blog

ハンドメイド販売が生業。いかにハンドメイド商品を売り込むか、日々攻略中。

ハンドメイド販売-不思議な客の扱いに困る日々

ハンドメイド販売+トラブル

 

 

こちらハンドメイド屋のシアンです。こんにちわ

 

不思議なお客さんがネットショップにメッセージをバンバンよこします。

 

お客:「6月23日に出品されたバッグが欲しいです」

 

 

(/ω\)

 

 

6月23日に出品されたバッグって何? (/ω\)

 

 

お子様用のバッグはほとんど同じデザインで作り続けてますが、そのときによって購入する材料が違うので、色違い・素材違いのバッグがたくさんあります。

 

いちいち何月何日に出品したのかなんて覚えてないのです。
そのネットショップの作品画像には「〇月〇日出品」という表示はでません。

 

それでも見当はつきますが、もう他のサイトで販売済の作品です。

なのでネットショップから画像を削除してあります。だからお客さんのほうでは「このバッグ」と画像から指定できないのはわかるんです。

 

が、

 

普通なら

「コレと同じデザインでこんな色のバッグが6月頃に出品されているのをみかけて、同じタイプのを欲しいのです」

とかいう問い合わせが来ると思うのですよ。

 

だかしかし

 

お客:「6月23日に出品されたバッグが欲しいです」

 

 

6月23日って何? (/ω\)

ダイレクトに日付で指定されました。

  

ハンドメイド販売-不思議な客の扱いに困る日々

対応してみます

とりあえず「コレかな」と見当はつきます。しかし材料の在庫は無く購入予定のない布のため製作できません。オーダーも受けません。

なので以下のようにお返事します。マニュアル通りです。

 

お問い合わせありがとうございます。

大変恐れ入りますが、お問い合わせいただいたバッグは今後の製作予定がございません。

バッグは現在販売している色・柄のみの販売となっておりますのでご了承くださいませ。ご期待に沿えず申し訳ございません。

 

こんな内容で返事をしてみました。

 

返事がきた

 

お客:「6月23日に出品されたバッグが欲しいです。絶対にこどもに6月23日に出品されたバッグを持たせたいです。」

 

 

(/ω\)アカン

マニュアルの回答が遠まわしすぎて理解してもらえなかった模様。 

 

引き続きメッセージがきた

お客:「そのうち同じものを作ってください。6月23日のバッグをいつまででも待ちます」

 

 

怖し。(/ω\)

 

 

いつまでも待たれるという恐怖。

こういうお客さんは期待が高すぎて必ずトラブルになる。

 

皆様、覚えておいてくださいませ

「お金ならいくらでも払う」「いつまででも待つ」

このキーワードを書く客さんはお金をいくらでも払わないし、いつまでも待ちません

 

きっと勝手に待ち続けて怒り出します。

こういう不思議なお客さんにはわかり易く断る必要があります

 

言葉のレベルを下げてみます。

簡単に書かねばなりません。

怒らせないように、失礼のないように

そして簡単に、簡単に。

 

同じバッグは作れません。

ごめんなさい。m(_ _)m

 

 

どうかお客さんがあきらめてくれますように。

 

(/ω\)

で、6月23日って何。 

 

またねー

お客さん関連記事はこちら

cyancy.hatenablog.com