cyancy’s blog

ハンドメイド販売が生業。いかにハンドメイド商品を売り込むか、日々攻略中。

基本的に作家より器用なお客さんもいるからね

 

 

この記事は2016年7月に加筆・修正しています

シアンです。ハンドメイドはお好きですか?
ハンドメイド販売を始めて知ったハンドメイド作家とお客様の裏側のアレコレをご紹介します。

 

ハンドメイド作家って、何でも自分で作れる方が多いと思う。 

なんでもって言うと語弊があるんだろうけど、
アクセサリーを作って売っている人でも、洋裁全般・木工・編み物などなど、いろんな手作りを趣味として楽しんでいるマルチな方も多いです。

 何をつくってもそれなりに上手だけど、アクセサリーが好きだからアクセサリーを作ってる、みたいな作家さん多し。

 

要するに器用なんですよ。

 

作家より器用なお客さん

私のお客さんも手芸がとってもお上手。 
(/ω\)私より手作りに詳しいお客さんとかいるし

もちろん全員のお客様がってわけでもないんですが、手作りが上手で器用でいらっしゃる。そういう方は手作り作品をご覧になるのが好きなんですね。

私ののお客様にも意外に多いワケです。(ちょっと困る)

 

実はね、手芸の延長上のハンドメイド作品の場合、手芸好きなら原価も簡単にわかります。そう、手作り派のお客様は原価も知っているんです。

(コレは本当に困るんだよねぇ)

 

じゃ、なんで買うの?自分で作ればいいじゃん

って思うかもしれない。

 

実はさ、手作りが好きな人はわかってるんです。

 

「これを自分で作るために材料や道具を一から購入するには時間もお金もかかりすぎる」

作れなくはないけど高くつくんだろうな、って想像つきますよね。
それなら買ったほうが安いと思う。私ならそう思う。

 

だから作品制作には絶対手を抜かないで欲しいのです。
販売する価値、購入する価値のあるものを作って欲しいのです。

 

細部までしっかり作りこんで、作家の世界観や情熱を埋め込んで、とっても価値の高い商品を作り出してほしい。

 

 

 まとめ

わかるお客さんは、その技術と才能と、費やした時間と情熱を知っているから、「すごいわね」と高額なハンドメイド商品を買ってくださる。

ハンドメイドの本当のお値段を知っているのはそんなお客様です。

だからね、ただ普通に上手なだけじゃ売れない。

 

cyancy.hatenablog.com

 

web作家50人のハンドメイドのあるやさしい暮らし (Heart Warming Life Series)
 

  

またね