cyancy’s blog

ハンドメイド販売が生業。いかにハンドメイド商品を売り込むか、日々攻略中。

海水浴で綺麗な石拾いに大人も夢中!【新潟県糸魚川市親不知】

 

 

先日、体調を崩してダウンしていた私は引きずられるように海水浴に連れて行かれました。

「今年こそ静岡の海に行こう」
そんな思いも虚しく、今年も「海の家」の割引券をたくさん持って我々は新潟の海に行くのです。

割引券万歳 (/ω\)ああ、なんて素敵

 

海と言えば砂浜。
海での砂遊びは小さいこども達には必須の行事ではないでしょうか。そう信じていた私達一家は毎年砂浜の海岸に通っていました。
しかし『透き通った海で泳ぎたい』という長男(中一)の希望を叶えるべく、今回は新潟県糸魚川市親不知の海水浴場へレッツゴーしてまいったワケです。
※長男は「マリンブルーの海で泳ぎたい」とも言っていましたが、諸々の大人事情で「マリンブルー」=「透きとおった海水」と解釈しました

 

だって海の家の割引券持ってるし (/ω\)それが全ての答えです

 

海水浴で綺麗な石拾いに大人も夢中!
新潟県糸魚川市親不知】

f:id:cyancy:20170730120431j:plain

 

朝から肌寒く小雨が降り続く中「こんなに寒いのに海に行くのぉ~?」と不満タラタラのこども達を車に放り込み、浮輪や水着などの荷物を詰め込んで、いざ出発なのです。

新潟に近づくにつれどんどん雲は黒く空は暗くなり、窓を開けていると寒いという最高の天気。
子どもは「寒いのイヤだ~」と騒ぐが、親は「小雨なら泳げるし、とにかく海の家とか空いてるはず、ラッキ~」的な発想で道を急ぐのです。

なにしろこどもたちは海に連れて行って海水に漬ければオールOK
海水浴に行ったという面目も立つし、文句も言わない(言わせない)。雨降ってもとりあえず海水に浸かればOK。
なんだかんだ言ったところで 海を見ればはしゃいで海水に漬かって、昼過ぎには程よい塩味の浅漬けになります。


(/ω\)間違いない。

 

山に囲まれた田舎から3時間かけて到着すると、目の前に広がる大海原。

 

そして雨 (/ω\)まぁステキ

いいのよいいのよ、どうせ頭までずぶ濡れになって遊ぶんだ。ちょっとくらいの雨なんて。

 

そして風 (/ω\)寒いわね

 

親不知の海は、浜が砂利

f:id:cyancy:20170730121707j:plain

 

朝から小雨が降っていたので、良く晴れた暑い日にはゴチャゴチャと詰め込まれる海の家も空いていて、海水浴場は1日を通して空いていました。

親不知の浜は大小さまざまな石が転がっていて、小雨だったこともあり、色とりどりの石が濡れて宝石のようにキラキラしています。

水着に着替えた子どもたちはワクワクと目を輝かせて海へ走っていくのですが、小学1年生の次男はとにかく石が大好き。
10歩歩いては石を拾い、10歩歩いては石を拾い、なかなか海へたどり着けない。

 

そんなに石を持って海に入ったら沈んじゃうよ? (/ω\)

 

次男は、海に入らない、石拾って持って帰る、と騒ぎ出します。
なにしろ浜いっぱいの石、石、石。せっかく連れてきた海に見向きもしない息子がそこに座り込んで石拾いを始めるワケです。

素敵な海が目の前にあるのに「い~し~」と泣き出す小1と、泣く子を海まで引きずる母親。

辺りを見回せば、そんな親子がいっぱいの海です。

f:id:cyancy:20170730122615j:plain

 

夫は息子のシュノーケルを奪い取り、海の中を覗いて楽しんでいました。
水はとても透きとおっていたようで、海の中の魚が良く見えたそうです。

海水浴を楽しむ親子連れの中を、プカプカと漂う夫。
夫曰く「小さなフグも見つけた」って。

f:id:cyancy:20170730122931j:plain

 

波は小さいんだけど、ときどき迫力のある大きな波もくるの。小さな子どもから大人まで結構楽しい浜です。
浜を離れるとすぐに深くなる地形で、ブイも比較的近くに浮かんでいました。
ここは泳ぐよりも波で遊ぶのがメインの海水浴場ですね。

絶えず打ち寄せ、音をたてて崩れる波が楽しい。

f:id:cyancy:20170730123602j:plain

波のでるプールの波とは違い、海の波はずっと見ていても飽きません。
水が飛び散るたびにこどもたちの黄色い歓声があがって、幸せな気分になるのね。

海の水は冷たくなかったけど小雨が上がった後も空はどんよりと曇って風がふいていたので、海水に浸かった子どもたちは ほどなく震えながら海から上がってきました。
温かいラーメンを食べて、体をほっこり温めた後は石拾いに精をだします。

f:id:cyancy:20170730124109j:plain

濡れた石は、どれもこれも色鮮やかで綺麗。
お腹いっぱいになった次男は、石に負けないくらいキラキラと目を輝かせながら石拾いを始めます。ただの石ころのハズなのに、なぜか大人も夢中になる。

海の向こうには船を漕ぐ人が横切り、なんだかのどかな風景なのです。

f:id:cyancy:20170730124908j:plain

 

ずっとどんより曇っていたおかげで浜辺で長時間外で遊んでいても暑くなく、気持ちの良いお天気。

私は調子が悪くて目が回るので、カメラを覗きながら のんびり浜に座って子どもたちと海を眺めているワケです。石がゴロゴロしているので、浜をはだしで歩くと足つぼマッサージ気分。

ときどき強い波が打ち寄せて波しぶきがブワーってなる。
浅漬けにした、庭で採れたキュウリとミニトマトを浜辺でかじりながら 私はのんびり海を眺めるのですね。

 

あ~海、気持ち良いなぁ~ (*´▽`*)シアワセ~

 

夫が拾ってきた白い大きな石の上にこども達が小さな石を並べます。
何の変哲もない小石がカラフルで、ちょっとしたアートに。
こんなに綺麗な石たちは、家に連れて帰ると、ただの石に変身してしまうのが少し寂しい。

f:id:cyancy:20170730124827j:plain

 

後は、車の中で子どもたちがケンカさえしなければ助かる。

疲れているうえに疲れるわ~ (/ω\)はよ寝てしまえ

 

(/・ω・)/ よっこいしょ

 

今回、海に行って久々にたくさんの写真を撮りました。私のカメラはデジカメ(オリンパスSH-3)です。
扱いやすく、なかなかのグッドルッキングなのでデジカメラを持ち歩くのが楽しいのん。
手軽に持ち歩いて、どんなシーンでも簡単にピント調節。メニューを選べばアーティスティックな画像も撮れます。

レンズを持ち歩くことなく動き回る子どもたちを素早く撮影できるので、私のようにカメラがあまり得意でない人にもお薦めです。

 

 

cyancy.hatenablog.com

 

あと、私はカメラをケースに入れて首から下げて持ち歩いています。
これがレトロでいいカンジ。
私のように見た目から入る人にはお薦め。

 

 

ちなみに、こんなことを書くと怒られるんだけど、私から見るとSH-3とSH-2は何が違うのかわからない程度の違いしかない。

 

あと、海に行くときは日焼け止めも忘れずに。
以下の記事では使い心地の良い日焼け止めをご紹介しております。

SPF50の日焼け止めで肌が荒れる方にはお薦めです。
今お使いの日焼け止めに不満のある方は合わせてお読みください~

cyancy.hatenablog.com

  

またね!