読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cyancy’s blog

ハンドメイド販売が生業。いかにハンドメイド商品を売り込むか、日々攻略中。

仔猫が我が家にやって来た!

 

 

世話をやきたい者です。こんにちわ

 

ずいぶん前にもブログでお話したのですが、我が家で仔猫を飼うことになりました。

仔猫は今、生まれて2か月なのですが、先方のお宅のご家族が動物病院で働いていらっしゃって、先週「動物病院で見てもらってOKがでたからそろそろ迎えに来てほしい」という連絡をいただき、大急ぎでネコちゃんのアレコレを準備して迎えに行きました。

 

初めての対面。5歳の息子が抱っこします。

 

かわいい (´▽`*)

小さい  (´▽`*)

 

小学生のお兄ちゃんはネコを抱っこして固まってしまいました。(彼は登下校中にネコに噛まれたことがある←記憶がよみがえったらしい)

 

「大事にします、大切に育てます」とお家の方にお礼を言って、毛布にくるまれてウトウトし始めた仔猫を連れて帰りました。

 

全く鳴かないネコちゃんです。

あと、話によると家の外に寝床を作って住み着いた半分ノラネコさんのこどもなので、人間がまだ怖いようです。大人しいので抱っこはさせてくれるのですが、すぐに怯えて震えだしてしまうのです。

 

そんな状態なのに、こどもたちが交互に仔猫ちゃんのベッドを覗き込むので、仔猫ちゃんも不安になったのでしょう。本だなの後ろに逃げ込んで隠れてしまいました。

 

「仔猫ちゃん、まだお家に慣れていないから怖くなっちゃうんだよ、そっとしておいてあげてね」

 

こどもたちにそんな話をしながら、オシリ丸見え状態で隠れているつもりの仔猫を交互に覗き込む夫と私。

(/ω\)どうしてもそっとしておいてあげることができない。

 

反省。

 

仔猫ちゃんの様子を見ていたら私の作業場の作業机の下が狭くて落ち着くようなので、今朝からベッドをそこに置いてやり、ベッドの中にいる間はネコをそっとしておいてあげる、というルールを作りました。

今日はこども達が学校と保育園なので仔猫も安心して静かに過ごしています。

 

 昼過ぎに目を覚ました仔猫ちゃんはあくびをして「のび~」して、おもむろにご飯をたべようとベッドから出てきて、ふと私に気づきました。
「あ!人間!」とあわててベッドに戻って、毛布の隙間から目だけをこちらに向けています。

 

ご飯を食べてくれないと困るので、ベッドの中にご飯とお水を入れたら、必死で食べ始めました。うわー食べてる。一安心です。

 

ごはんを食べ終わった仔猫ちゃん、そろりそろりとベッドを抜け出して私の作業場を探検し始めました。初めての場所で独りぼっちなので、不安げです。匍匐前進のように平べったくなって動き回ります。

ひとしきりゴソゴソ音がした後、静かになったので静かに様子を見に行くと、作品在庫を置いている棚と壁の間の隙間に程よく収まってました。大きい布を引きずり降ろして寝場所まで出来上がってます。
ネコちゃんは狭いところに入って安心したのか得意気にこちらを見ています。

私が隙間に手を差し入れると、ネコちゃんは私の手に飛びついて指をかじったり、ネコパンチして遊び始めました。

しばらく遊んでいると興奮したのか、毛づくろいをして、もう一度私の指にとびかかってきました。

 

かわいい (´▽`*)

 

試しに「ネコちゃ~ん」と、小さく声をかけてみました。

 

 

 

仔猫が震え始めました。(/ω\)ああ、本当にごめんね。

 

 

 

ガタブルっすよ (泣)

 

 

カメラの「カシャ」って音も怖いみたいなので、まだ写真が撮れません。
ちなみに名前はボス(仮名)、男の子です。  

ネコブログ始めました。

cyancy.hatenadiary.com

ねこのロールペーパーホルダー クロ

ねこのロールペーパーホルダー クロ

 

 

またねー