読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cyancy’s blog

ハンドメイド販売が生業。いかにハンドメイド商品を売り込むか、日々攻略中。

ハンドメイドサイト 【ミンネ】(minne)の事情 シアンのハンドメイド販売

ハンドメイド販売+販売先

 

 

2016年7月一部追記更新あり

シアンです。

ハンドメイド販売のアレコレを無責任に書くブログです。

そして、ハンドメイド販売の「あるある」を少しナナメ上から解説するアレなカンジのブログです。それでもよろしければお試しください。

 

【ミンネ】ハンドメイド販売の委託サイトです。多数のプロ作家と星の数ほどの膨大なアマチュア作家が登録しているハンクラサイト一番の大手です。

【クリーマ】ミンネに並ぶハンドメイドサイト大手、プロ多数、商品レベルが比較的安定しているサイト。 

テレビでミンネ

f:id:cyancy:20150625132642j:plain

 

ミンネがテレビ放映されたそうです。

前に「王様のブランチ」(だったかな?)で取り上げられてましたが、今回は「ガイアの夜明け」で取り上げられていたそうです。

ミンネはテレビ関係に強いですね。
私は見逃しましたが、見た方も多いのではないでしょうか。

 

聞くところによるとミンネサイドが
「買ってきた素材をボンドで張り付けた商品、売れます」 

そんな内容の話をテレビで話されていたそうです。

 

そして、それを真に受けた人たちが「簡単ね、アタシも売ろう」と考えたようです。

 

私のブログ記事「ミンネに出品」の PVがMAX 
(/ω\)行動が単純

cyancy.hatenablog.com

 

ミンネの思惑

ミンネが「ボンドでペタ、でも売れます」と言った(らしい)からといって、真に受けてはいけません。 

通常の考え方としては、そもそもボンドペタ商品ばっかり出品されたらミンネで販売されるハンドメイド全体の質が落ちちゃうハズです。

そうしたらお客さん、離れちゃいますよね。客離れは深刻ですよ?
客が離れれば、売れっ子作家もミンネから離れます。

困りますよね? 普通は困ります。

なのにミンネサイドがボンドペタ商品の話をテレビで話した(らしい)、ということは、たぶん何かしらの思惑があるハズですなんですわ。

 

「ミンネはボンドでペタ、の商品がうれる」

もうテレビで話すまでもなくネットではみんなが話してます。もう「いまさら何?」的なカンジの話です。

 

じゃ、なんでテレビで話すのかって言えば、ミンネはネットでは有名でも、知らない人が大多数だからですね。一般の方はハンドメイドサイトの存在すらも知らない。

そして、その人達をミンネに取り込みたい!という意図だと思うのですが、

例えばハンドメイドサイトを知らない新米ママAさんがそのテレビを見ていたとします。 

「どうぞミンネで会員登録してたくさん買ってください」とミンネの運営事務局がテレビで言ってもAさんは買いますか?って話ですよ。
子育てに忙しい中、わざわざハンドメイドサイトを見て、何万点の商品を検索して、お金振り込んで、買いますか?

いや、買わないと思います。だいいち面倒です。
わざわざネットで買い物をしなくても、今のままで用は足りてますから。

 

ところがテレビで「ボンドでペタ、の商品、売れます!」と言う。

 

すると、見ているAさんは考えると思います。

「アタシもお小遣いくらいは稼げそう」「売ってみようかな?」 

絶対考えます。いや、そう考えるように作られているのです。番組自体が。
だって、売ろうかな?売りたいな、って思えば、Aさんは必ずミンネのサイトを訪れるはずですから。

 

ミンネに出品

さて、ミンネに訪れたAさんはどう思うでしょう。
売りたい商品がいくらくらいなのか、みんなどんな商品を出品しているのか検索してみて、「楽勝だわ」と思えば会員登録・作家登録をするかもしれません。 

「あぁ、やっぱりみんな上手ね、無理だわ」と思いながらミンネで商品をいろいろ見ているうちに、素敵な商品を見つけて欲しくなってミンネのお客様になるかもしれません。 

どちらでもいいのです。ミンネの思惑はここにあるようですね?

とにかくミンネを訪れてもらって、お客様になってもらう。これです。

 

では、作家登録をしたAさんはどうでしょう。
初めて会員登録・作家登録そして、初めて作った作品、例えば「ボンドペタ商品」を出品したとします。 

自分ではなかなかの出来栄えだと満足しています。 

でも売れません。 そう、ボンドペタ商品は売れないのです。 

「売れる」って言ったじゃない! て怒るかもしれません。

 

ここで「売れる」の意味について触れておきましょう。

 

おそらく「売れる」とは「出品できる」という意味ぐらいで考えたほうがいいと思います。
つまり売る(出品する)ことはできてもお客様に買ってもらえるかどうかはわからない。ということです。

当然です。ボンドペタなんて、画像で見たって一目瞭然でしょう?

誰が買うの?そんなもん。いやいや、要りませんって。マジ、超要らない。
作った本人だって絶対要らないと思う。

 

そしてそんなこともわからないで出品するなんて(泣)

 

本当に頭の中、大丈夫? (/ω\)

 出品中の方ゴメンナサイね。

 

関連記事はこちら

cyancy.hatenablog.com

 

結論

ミンネに出品したAさん、きっと毎日「売れてるかな?」とミンネのサイトを見るでしょう。売れていないので、ついでに他の出品商品も見るはずです。

 

あ、いいなぁ。

うわ、カワイイ。

欲しいなぁ。

 

はい

お客行き決定 ( ̄▽ ̄)ヤッタネ!ミンネ

作家流れのお客様に。

 

ミンネの思惑はここです、ここ。

ミンネは下記の広告にて作家を絶賛募集中だそうです。

興味があるなら出品しなくても作家登録をしておくといいと思う。

さすがですね、ミンネ ( ̄▽ ̄)儲かりまっか?

 

関連記事はこちらから

 

 

  

minneで売れっ子ハンドメイド作家になる本

minneで売れっ子ハンドメイド作家になる本

 

 

 

 

 

またね!