cyancy’s blog

ハンドメイド販売が生業。いかにハンドメイド商品を売り込むか、日々攻略中。

知ってる?仕分けされるハンドメイド作家たち

 

 

2016年7月追記・更新

シアンです。ハンドメイドはお好きですか?

ハンドメイド販売の裏事情を知ってる人にも知らない人にも勝手に紹介しているサクっと軽い適当なブログです。 

本日は「仕分けされるハンドメイド作家」について考えます。

 

ハンドメイド販売をされている方はご存知かと思いますが 、ハンドメイドを販売するのには、ハンドメイドの委託サイトが便利です。サイトに出品するためには作家登録をしますね。

登録をすると、サイト側から作家登録者へ様々なメール配信がくるようになります。

 

仕分けされるハンドメイド作家たち

クラフトフェアでの無料ブースへの参加の案内や
来月の販売特集のテーマのお知らせ
新しいシステムへの移行案内やシステムトラブルの連絡 

等々 

登録作家たちは運営側からのメールによってき、め細やかなサービス(情報)を受けることができるのです。 

 

しかーし

 

全ての情報が平等に作家に配信されているわけではありませんよ。
いい情報の配信には優先順位がございました。正確に言うと最初の頃はそうでした。

 

どういうことかと申しますと、売れている作家には優先的に(先行して)メールがきた、ということです。 

つまり運営側が意図的にメールの配信先を選んでいるのです。

 

私たち、仕分けされてるんですわ

優良作家とそうでない作家に (/ω\)それが現実

 

そんでもって、優良作家さんのほうに仕分けされた方は他の作家より早くいい情報を手に入れることができますね。 

もちろん全てのサイトがそうだとは言いませんが、私の経験上そういうのはございました。 

私の場合、1年ほど販売をしていたら 

「特別に他の作家様より先行してご連絡…」
「先行連絡の作家様は優先的に選考されますので云々…」 

という、今までもらったことのない内容のメールが毎週くるようになったので、その時初めて出品者へのメール配信には優先順位があることに気が付いたのです。

  

このメリットて、なんだと思いますか?

作家側としては優先的に商品の露出が増えるので、もちろん大歓迎ですが運営側のメリットを考えてみたいのです。

 

例えばよくある話なんですが 

大きなクラフトフェアなどでは、

普段ネット販売が専門の委託サイトでも、サイト専用ブース(区画)を押さえて、サイトの作家さんたちに優先的に販売ブースを提供します。

ここで作家たちは委託サイトのブースでお客様と対面販売を行います。 

これは作家の創作・販売活動を応援するのと同時にクラフトフェアにいらしたお客様への「サイトの宣伝」でもありますので、サイト側としては、ぜひクラフト好きのお客様を自分のサイトへ呼び込みたいところ。 

そこで確実に人気のある作家の作品をメインのブースに多く置きたいですね。

 

ここでサイト側が作家をふるいにかけるのです。 

確実に売れてる作家とそうでない作家に 

 

例えば、例えばですよ
100ブースを作家に提供できるとしましょうか。建前上、作家は平等に抽選(もしくは選考)で選ばなければいけませんが 
サイト側は、まず売れている作家に、先行してクラフトフェア参加抽選会のお知らせを配信します。

100ブースのうち50ブースを優先して提供しますのでご応募ください と。

(例えばここで70ブースが埋まることもあります)

 

次に全ての作家にクラフトフェア参加抽選会のお知らせを配信します。

30ブースを一般選考します。ぜひ抽選にご参加ください、といった内容になりますね。
ちなみに一般公募ですので「一次公募のお知らせ」としています。

 

ここでは、先に行われた抽選に落ちた作家と一般の作家の中から抽選が行われることになります。平等に抽選で選ばれる というわけです。 

 

今現在はどうなっているのかわかりませんが、私がハンドメイド販売を始めたころは確かにこのような内容の選別をしている運営サイトがありました。

面白いでしょう? もちろん平等です。だって抽選だもの。先行して優先的に決まってるブースがあるなんて、一般の作家さんは知らないもの。

 

こんな感じで、売れっ子ハンドメイド作家はさまざまに優遇されますので、ますます売れるようですよ。

 

 知っておく価値ありますから

仕分けされる作家についての記事はこちらもご覧ください。 

cyancy.hatenablog.com

 

月に30万円稼ぐための メルカリ転売入門

月に30万円稼ぐための メルカリ転売入門

 

 

 

またね