cyancy’s blog

ハンドメイド販売が生業。いかにハンドメイド商品を売り込むか、日々攻略中。

少し面倒な親類関係 ハンドメイド販売の場合

 

 

2016年7月追記・更新

シアンです。ハンドメイドはお好きですか?ハンドメイド販売を通して巻き込まれた面倒をご紹介します。

本日は少し面倒くさい「親類」の本当に面倒くさい関係についてお話します。

 

 

親類が、勝手に仕事をとってくる。

 

(/ω\) 

 

確かにありがたいことなんだけど、コチラのスケジュールを一切無視して勝手に納期まで決めてくる。

 

ああ、大変。
どうやってこの仕事をスケジュールにねじ込んだらいいいの!?
ギリギリいっぱいにオーダーを詰め込んで仕事をしているので、正直困るのよ。

 

でもそんなこと言えない。(/ω\)言えない関係なのです。

 

少し面倒な親類関係

 

一所懸命、私の商品を「これカワイイのよ、どう?」と売り込んでくれる。
「ねえ、この質でこの値段って、なかなかないわよ、どう?」と。
「いいから買いなさいよ」と。

 

あぁ、もう押し売りだよ (/ω\)怖い

 

そして私が商品として作っていないものまで(絶対作れないようなものも含む)
「作らせるから、大丈夫だから」とオーダーを取ってくる。

 

何故。 (/ω\)アカーン

 

「〇月までに必要だから、〇日までに作っておいて」と、当然のように言いにくる。 

あぁ、嬉しそう。

 

値段も勝手に決めてくる。

びっくらこ。

 

わりとハンドメイド販売の場合、口約束だけで仕事をすることも多いけど、子ども服の場合はサイズもあるので、お客様とはメール等の文章で必ずサイズの指定をしてもらう。

 

なのになのにその辺もアバウト (/ω\)困る~

 

「もうすぐ小学校に上がるくらいの子どもの大きさでお願い」 

近くの子どもを指さして「あのくらいの大きさだったような気がする」

 

ありがたいけど、結局のところ迷惑だったりする。
(/ω\)夫の親戚って困る~

 

cyancy.hatenablog.com

 

 

またね