読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cyancy’s blog

ハンドメイド販売が生業。いかにハンドメイド商品を売り込むか、日々攻略中。

売上だけをみていると足元をすくわれるよって話 シアンのハンドメイド販売

 

 

オハヨ、コンチワ、コンバンワ!

電卓上では赤字経営をしている者です。( ̄▽ ̄)なにそれ

 

昨日のブログで製作スケジュールを立てましょうよ、という話をしましたが 

cyancy.hatenablog.com

 

この記事では、売上額を目標金額として例をあげました。そして、「売上」と赤字で強調もしました。

 

気づきました? ( ̄▽ ̄)

 

本日は、実は売上額を目標にすると利益がそんなに出ないことに気づけないよ、って話をします。 

 

売上は利益じゃないって知ってた?

f:id:cyancy:20150907154518j:plain

以下読者がハンドメイド作家さんであることを想定して書いています。

細かい説明は省いてしまいますが、ざっと説明すると、売り上げは利益じゃないんです。←ごめん、説明がざっとしすぎた

厳密に利益を定義すると煩雑になりますから、ここではとりあえず、売上から材料費や経費等をひいた金額を利益と呼びます。 

前回の記事では売上目標をを17万円に設定しました。ハンドメイド販売で月17万円売れたらスゴイと思いますか? 

いえ、ここでスゴイと思ってはいけません。
利益がどのくらい出ているのかが問題なの!

あなたは17万円のうち、材料費と経費がどのくらいの割合を占めるのかを確認しなければなりません 

材料費を確認

「商品代が10なら原材料費は3~4」

この、はるか昔からの値付け方法をとっているハンドメイド作家さんも多いと思います。実際にネットで値段の付け方を質問している人の回答として、様々な回答者が繰り返しこの値付け基準を教えています。

そこで今回は、3~4の間をとって原材料費を35%として計算してみましょうか。 

170000×0.35=59500

材料費が59500円となりました。

うわー、かなり高いですね

 この作家さんは材料費をもっと下げなきゃいけないね

経費を確認

経費は人によってさまざまだと思いますので一概に言えないです。消耗品を多く使う方もいらっしゃるのでね。光熱費や作業場の家賃・通信費・移動費なども経費です。

う~ん、どのくらいがいいかな

とりあえずキリのいい数字でわかり易くするために10%としましょうか。(10%は少ないと思うけど)

170000×0.1=17000

あ、安かったです

 

では計算してみましょうか

170000-59500-17000=93500円

 

あ、10万円いきませんでしたね。

 

違いますね?

ハンドメイド作家さんは気づいていらっしゃると思いますが、まだ委託手数料(売買成約料)等の金額をひいていませんでした。

ハンドメイド販売ではこの手数料が利益をさらっていきます。

 

売上の20%と設定します。(ネットでは10%、実店舗では30%とする)

170000×0.2=34000

 

ではこれも売上から引いていきましょう

170000-59500-17000-34000=59500

 

59500円 ( ̄▽ ̄)売り上げの35%になっちゃったね!

 

この金額以外にも、人によっては送料とか、振込手数料とか引かれちゃったりするから、実際にはもっと少ないかもしれません。

 

ひと月59500円。

例として簡単に計算してみたので大雑把で、とてもおかしな点が多数ありますけど見逃してください。

ざっと見ただけでも粗利や純利益ってのはそんなに多くないことが想像できるでしょうか。

 

売上だけをみていると足元をすくわれるのよ

売上の数字に目がくらむと本当の利益が見えてこないワケです。
売るからには利益を出したい、と思っている方は利益ベースの目標をたてる必要がでてきます。

どんなに理想が高くとも利益のでない仕事はいずれあなたの首を絞めることになりますから。こうなると数字に弱いとか言ってられません。

 

まとめ

目先のわかり易い数字に飛びつかずに、とにかく電卓をたたきましょう。まずはそこからです。 

ちなみに誰が何と言おうとも「赤字経営がおいしい」という考え方はかわりません。

税金泥棒からお金を守るのも商売のうちですから。(/ω\)イヒヒ

 

またね!