読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cyancy’s blog

ハンドメイド販売が生業。いかにハンドメイド商品を売り込むか、日々攻略中。

ハンドメイド販売で生き残ることは可能でしょうか?

 

 

右足を左足で踏んづけて転んだ拍子に、右手をついて肩を痛めた者です。

(/ω\)コンチワ!

 

もう、家の中で転んで骨折する高齢者並みの体力です。イテテテ

 

今日はハンドメイドのお話。なので興味の無い人には面白くない内容。
ご興味のある方はどうぞお試しください。

 

ハンドメイド作家がウヨウヨ

クラフトフェアやクリエーターズマーケットに行きますと

作家がウヨウヨいます。

工芸家、陶芸家、美術家、欧米か (/ω\)ん?

 

もちろんハンドメイド作家もウヨウヨ。 

 

アタシは今はクラフト展や〇〇マーケット等には出ませんので

もっぱらお客さんのフリをするワケです。

 

お客さんのフリをしながらも実は同業者だったりするので、商品の良し悪しとか品定めしたりします。

なにしろ良い商品があればパクりたい刺激になりますから。( ̄▽ ̄)

 

たくさんの作家がいますからジャンルも様々。

で、

ネットの画像では素敵だったけど実物を見たらガッカリ、というものや

ネットではそんなに素敵に見えなかったのに、実物を見たら衝動買いしたくなった

というものがごちゃ混ぜのテント群を眺めるワタクシ。

 

十数年前は、こんなにたくさんの作家はいなかったなぁ。

客より作家のほうが多いんじゃねぇか? ( ̄▽ ̄)←そんなことはありません。

 

この中でどれだけの人が10年後もこの仕事で生き残っているのかな?

そんな意地悪な目で眺めているワケです。( ̄▽ ̄)←自分を棚に上げておくヤツ

f:id:cyancy:20151007174202j:plain

私も含めて10年後も今の仕事をしていらっしゃる方、どんだけいるんでしょう。

ブームが去ったあと、生き残れるのは「本物」だけですか?

 

いえいえ案外「本物」も生き残れないかもしれませんね?

何を「本物」と呼ぶのかも時代の価値観です。

 

生き残る人を勝手に想像してみました。

ハンドメイドサイトでもハンパない存在感を持つ方たちです。

 

伝統工芸士:きっと国が守ってくれる。間違いない。

デザイナー:専門職なので誰もが認めるプロだ。(パタンナーも)

アーティスト:この世にアートは必要だ。

ちなみに陶芸家はアーティストと伝統工芸士と両方いる。

 

他にあるかな? あったら教えてね。

どれもこれも生き残るのが難しそうな分野だなぁ。

 

あ、ハンドメイドブームが来る前からずっとある分野だね。

 

 

あ、アタシ、10年後には生き残っていないな。( ̄▽ ̄)こりゃ困ったね

 

じゃぁ今のうちにガッツリ稼いでおかなくては。(/ω\)夢はどこへ行ったの

 

まとめ

ハンドメイド作家の皆様、私は生き残れそうにありません。

(/ω\)ブームが去るのは早いからね

 

あと、ハンドメイドの他にも収入源を確保することをお薦めします。

 

またね!