読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cyancy’s blog

ハンドメイド販売が生業。いかにハンドメイド商品を売り込むか、日々攻略中。

トラブルが怖くて始められないなら シアンのハンドメイド販売

 

 

ブログ飯を掴み損ねた哀れなハンドメイド屋シアンです。こんにちわ。

 

ちょっと前まではセミナーに誘われたりして、ハンドメイド販売の体験談などをご披露したりしてました。

最近は、趣味の手芸クラブの方に嫌われているのでお声がかかりません。

理由:
手芸クラブのバザーを見て「技術が拙い」と素直に感想を話したら怒り出した。(/ω\)アカンかったらしい

 

手芸クラブの方もバザーでご自分の作品を売っていらっしゃるので「ハンドメイド販売」にとても興味があったようです。
ネット販売のアレコレをよく質問されたりしました。

 

しかし、私にいろいろ聞くけれど実際に行動に移す人はいませんでした。
興味はあるんです。
手作りするのも大好きなのです。
「実際にネットで販売をしてみたい」と思っている人も多いんです。
なのに行動に移せない。

ネットでハンドメイド販売している私からしてみれば、「なんでだろう」って思ってました。

よくよく聞いてみると、トラブルに巻き込まれるのが怖くて踏み出せないようです。
今日はそこんところを書いてみたいと思います。

 

トラブルが怖いですか?

 

「ねぇ、トラブルとか怖くないの?」よく訊かれます。

私はそれを聞いて思うのです。
トラブルの無いお仕事なんてあるの?

 

ハンドメイド販売だって、たまに困ったことが起こります。

お客さんに突然怒られたりします。原因はこちらの手違いだったりお客さんの勘違いだったりします。

ネット販売の場合は振込トラブルがあったり、システムトラブルがあります。

配送トラブルとかもありますよね。少ないですけど。
荷物がびしょ濡れになったり、代引きで発送して受取拒否されたり、荷物が戻ってきたり。

どんなに気をつけても「困ったこと」ってのはあるんです。
予測不能なので避けようがありません。
ほとんどはトラブルと言えない程度の「困りごと」ばかりですがね。

したがって、トラブルが起きてもいないうちから不安になったり心配する必要は無いと思ってます。起きてから対応すればいい。

色々考えたって仕方がないので、やりたいことを始めたらいいのです。
そして困ったときに相談できる人を探しておけばいいと思います。

 

トラブルに弱い人のケース

しかし、実際にはトラブルに接することのできない方もいらっしゃるでしょう。
お客さん相手に、予想できない事態にパニックを起こしてしまう方はトラブルの対処には向きませんね。
他人に接する機会や労働経験・社会経験の少ない人も突然のトラブルには対応できないと思います。

なかでも病気や障害で他人と摩擦を起こしやすい方の場合は、お客さんから苦情の電話がかかってきただけで大きなストレスになりトラウマになってしまいます。
できるだけ前もって誰かがトラブルの種を取り除くか、本人の代わりにトラブルに対応しなければなりません。

他にも、社会経験が少なくてまじめな方ほどトラブルに対応できません。
「自分一人で責任をもって仕事を始めるんだ、頑張るんだ」と考えて、一人でお客さんに対応して墓穴を掘って勝手に一人で潰れます。

 

いずれの場合も、自分で対応する前に自分より社会経験のある人に相談することが大事だと思います。ご自分の環境をよく理解してくれる方がいいと思います。

 

「自分一人で頑張る」ことはできませんから

私はいろんな人に相談して助けてもらって手を貸してもらって、ハンドメイド販売をしています。特にお客さんからの私の作品についてのクレームは委託販売先の有能な従業員に犠牲になってもらっています。

仕事ってのは自分一人では何もできません。トラブルになったら何度でも頭を下げて有能な人に助けてもらえば良いのです。

そのほうが、お客さんにとっても良い結果になると思うのです 

 

こんないい加減な私が、周囲の人間に助けてもらいながらハンドメイド販売を続けていられるのです。
ハンドメイド販売を始めたい気持ちがあるのに「トラブルが怖い」という理由だけであきらめる必要は無いと思います。
やりたいことをすぐに始めればいいと思います。ぜひ頭を下げて、周囲にささえてもらってください。

試してみる価値あると思うよ。

 

 

またねー