cyancy’s blog

ハンドメイド販売が生業。いかにハンドメイド商品を売り込むか、日々攻略中。

やる気スイッチ、入ったぜ!!!

 

 

こちらハンドメイド屋のシアンです。こんにちわ

 

ここしばらくやる気のない日々を過ごしていましたが、突然やる気スイッチが入りました。

仕入れたのに触る気にもなれなかった布をずっと放っておいたワケですが、この布の束を4月中に形にして納品しなければなりません。昨日、「少しだけ進めておこうかなぁ」と憂鬱な気分で布を広げました。あっという間に作業場は広げた布で足の踏み場もなくなるのです。

 

うわー、何色と何色を合わせて作ろうかしら
色とりどりの布に囲まれてテンションが上がるワタクシ。

急にやる気スイッチが入りました。今日からガンガン仕事しています。

 

よく見れば作品在庫もわずか。めぼしい作品なんて売り切れたあとそのまま欠品中。
あぁ大変、このままじゃ4月の売上が見込めないわ、と今さら慌てるのです。

 

やる気スイッチ、入ったぜ!!!

 

 

春休み中、私の気力を奪いに奪ったこども達もそれぞれ小学校と保育園が始まって、私は明日からは思う存分仕事に集中できるのです。たすかる~

 

色の組み合わせがすごく悩みどころ

私のハンドメイド作品はお子様用のものがほとんどです。そして昨年末あたりから「カラフル」を意識して製作しています。

シンプルなのもカッコいいけど、カラフルのほうが感度が高いと思っています。ネットの作品一覧でも目に入りやすくて見栄えがすると思う(当社比)。多数の色柄の布を組み合わせるので、シンプルなモノよりも作っている人の個性が出やすいという一面もあります。

色と柄の組み合わせ次第でバタ臭くなったり、逆にそれが手作りっぽくてお客さんに好まれたりしますので作り甲斐があるのです。なのでカラフルな作品を作るときは色や柄の組み合わせに神経を使いますし、製作に集中したいのです。

 

例えばレッスンバッグ

1年中使っていただくバッグなので夏用とか冬用なんてものは無いと思うのですが、1年を通して販売してみて、売れ方を見ていくとやはり季節によって売れる色の組み合わせが違います。

春から夏にかけては軽い色、さわやかな色が好まれます。

秋から冬にかけてはクリスマスシーズンに合わせて売りに行きますので重い色・暖色が好まれますよね。

しかし、冬から春にかけての入園入学グッズのシーズン1月~3月(場合によっては4月も)には冬の重い色あわせではお客さんの興味をひけません。春からのワクワクした新学期をイメージさせる明るさが必要だと思っています。しかしまだ寒い時期なので淡い色を多用すると寒々しく感じます。

まぁお洋服と一緒ですよね。

しかし、レッスンバッグは1年中使えるように素材と色とをよく考えます。季節によって売れる色を意識しながら軽い色、重い色を組み合わせていきます。流行りの色柄と、使い切ってしまいたい在庫の布も混ぜながら材料の在庫調整もしていきます。

私はこんなことに神経を使いながら仕事をしているワケです。

 

そんなこんなで今、めっちゃ集中して仕事しております。

またねー