読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cyancy’s blog

ハンドメイド販売が生業。いかにハンドメイド商品を売り込むか、日々攻略中。

手作りじゃないといけない理由があれば

ハンドメイド販売攻略日記

 

 

売れっ子ハンドメイド作家になりたくて頑張った挙句「5万円売れば売れっ子」説に心底ガッカリしてアンチ売れっ子に様変わりした、素敵作家ガッカリーナのシアンです。こんにちわしくしくさようなら

以前、はてなで屋号を公開せずに売れっ子ハンドメイド作家を自称して、収入を自慢しながら同業者の悪口ブログを書いていた人たちが、気が付いたらいなくなってるのね~。

忙しくて書いていられなくて放置ということもあるでしょうが、ブログごと消してしまった作家さんもいるワケです。 

試しに検索してみると「NOT FOUND」

(/ω\)

これはおもしろいのね~

で、どんなに探しても「NOT FOUND」

 (゚∀゚)アヒャ

とってもおもしろいのね~

 

でさ、ブログ消したところ悪いんだけど、なんでブログ村は放置なの。

アンタさ、消えてるつもりだろうけど、まだ消えてないんだよね。
(/ω\)アンタのそういうところが甘いんだよ。そういうとこ好きだけどさ。

 

ハンドメイドの収入が50万超えました、とか
最高収入が60万です、とか
収入を自慢するブログを読むたびに私は「すごいなー」と思うのだけど、そういうハンドメイドの収入を自慢するブログが続かないのは収入額が落ちてるからだと思う。(というか落ちていて欲しいという願望)

そういえば消えた彼女のブログにも収入がガッツリ落ちているって記事があったような気がする。

これはアレだな。自慢話とか優越感丸出しの陰口とか書いた鼻クソつまらないブログを読む人がいなかったんだな。で、収入も減って書くことなくなって誰も読まないし飽きてきて書くのやめちゃったっていうアレだな。(というガッカリーナの願望)

いや、もしかしてはてなで書いているのがバレてえらいことになってるとか。

まあ、彼女は私なんかと違って頭が良いのでそのうち盛り返してくるかもしれない。

 

いっときのハンドメイドブームは確かにすごかった。
私もよく売れたし、それは結構な金額になった。

しかし、ハンドメイド作家が増えてからは買う人より作る人のほうが増えてしまった感があるし、ノウハウも溢れてしまった。
ハンドメイド作家が増えたことで素材が充実して、誰でもそれっぽいものを簡単に作れるようになったし、その結果、今までは作家から買っていた人も「なんだ、私でも作れるんじゃん」的な感じでハンドメイドを楽しみ始めている。なんならハンドメイド販売に参入しちゃったりする。

 

昔は普通の人は買えなかったような部品も簡単にネットで手に入るし、素材を手に入れやすくなって誰でも手作りが楽しめるというのは手作りの方向性としては良い傾向なんじゃないのかなって私は思う。しかし「売る・稼ぐ」というところで「手作り」が歪んできてしまったのかもしれない。

 

そもそも私のような技術の乏しいハンドメイド作家が、作ったモノを高く売って毎月数十万も稼ぎだすこと自体がおかしかったのよ。

 

ハンドメイド作家を増産したミンネ、憧れてハンドメイド作家になった主婦、大量の売れ残りと仕入れた材料、みんなどこへいくのかな。
夢見るフワフワ作家さんにコンサルとかしていた人たちもどこへ行くのか興味あります。作家に夢を見させて素敵にお金を吸い取った人たちです。

きっと星を掴めなかったハンドメイド作家は他のブームに流れていき、作家未満の素人の血を吸っていた自称コンサルはお腹が膨らんだところを指で潰され、ノウハウ本はゴミ箱行き。

私のブログをよく見なさいよ。
これからハンドメイド販売を始める素人に梱包資材やらアプリのダウンロードやら勧めて、あの手この手で手数料をせしめようとしているでしょ。これがブームに乗ったハンドメイド作家の現実。

 

そろそろ夢は終わるのよ。

 

手作りじゃないといけない理由があれば

こんなことを書いていると「お前はいつ消えるんだ」と言われるんだろうけど、私はレッスンバッグとか作っていて(他にも作ってるけどバッグが売れ筋)実は来年も今年のように売れるかどうかはわからない。

(/ω\)あとね、

あのさ、レッスンバッグって、ぶっちゃけ30×40センチほどの四角いバッグなのね。

 

アナタだけにこっそり教えるけど

誰にでも作れるのよ。
(/ω\)こんにちわ ガッカリーナです。

 

正直言って、3月頃、入園直前に慌ててミシンを買って作ったママさんだって、とても可愛いレッスンバッグを作るのです。

じゃぁ、なんで作って売るのかといえば、やっぱり作れない人がいるからですよ。
ミシンが苦手な人、手足が不自由な人、シングルだったり子育てで作る時間の余裕がない人。日本語が苦手で幼稚園の書類をファックスしてきた人もいるし、シェルター(母子保護施設)から注文してくださるママさんもいる。

幼稚園や保育園では市販品でなくてお母さんの手作りを精神的に強制するようなところもまだあるみたいだけど、うまく作れなくてイライラしてこどもに八つ当たりするくらいなら「お母さんの手作り」を買ったほうがいいと思うの。

こどもと選んで、届いたバッグを手にして一緒にニコニコしてたほうが子どもだって嬉しいし、私も嬉しい。

レッスンバッグはなぜか手作りじゃないといけないらしい。
そこに手作りじゃないといけない理由があるので私は作るのです。
必要とされている限りは消えるつもりないけどね。
まぁ、今は在庫が多いけどね。
来年も売れるとは限らないけどね。

 

ハンドメイドより副業で稼いでるから、基本、売れなくても大丈夫だけどね。

(/ω\)あらためましてこんにちわ、ガッカリーナです。

 

副業稼ぎのハンドメイド作家からは以上です。
ぶっちゃけハンドメイド作家としては消えてるんじゃないかと(T_T)

 

作る私の関連記事 


毒舌が好みならこの記事なんかどうかしら 

cyancy.hatenablog.com