読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

cyancy’s blog

ハンドメイド販売が生業。いかにハンドメイド商品を売り込むか、日々攻略中。

とにかくやってみろ、答えは動いた者にしか与えられない

 

 

シアンです。しばらく感情をこめたブログを書くつもりはなかったのですが、記事に言及いたします。

迷いましたが書くべきと判断いたしました。

ハンドメイド販売についての記事になります。お好みでお試しください。

 

記事元は複数あります。全部載せるのめんどくさいし、どれかを載せると自分のが載らなかったって話になると申し訳ないので全部載せない。

 

【私が言及したい記事の内容としては】

自分のネットショップはアクセスが少ない
でも有名人に紹介してもらってアクセスアップ!

アップしたアクセス数のほとんどは有名人のお客様
自分の商品を見に来たお客様じゃないからほとんど売れなかった

そんなアクセスアップは無駄だよ!
もっと自分の商品を確実に見に来てくれる人を呼ぶべき

有名人からもらうアクセスは無駄
もっと質のいいアクセスを!!!

 

ざっと言えばこのような内容。

 

ネットショップ、アクセス数の量と質

ハンドメイド販売では、自分のネットショップにアクセスが増えたからといって売り上げが上がるわけではありません。

そこで、だいたいの販売者はアクセス数に関しては量より質重視します。つまり買わない客100人より買う客5人のアクセスを自分の店に引っ張るやり方のほうが正しいという結論になります。

正論です。

私もこれに異論はありません。

 

ではここで、

反対の意見を展開してまいります。

f:id:cyancy:20151107224850j:plain

 

物事は多方面から見るべきだ。一般論として言わせていただければ、私も含めハンドメイド販売者は特に視野が狭い。

そして読む側もそれを意識して、鵜呑みにしてはならない。常に反対からも物事を考えるべきだし、疑問を持つべきだ。

そして私の言うことも絶対ではない。

 

疑問ってどうやって持つの? と思う方もいらっしゃるだろう。
簡単だ。反対のことを考えるだけでいい。

 

アクセスは本当にいるの?→アクセスは本当にいらないの?

無駄なアクセスはいらない→無駄なアクセスなんて無い 

と。

 

では反論にはいろうか

私は、「アクセス数が量とか質とか面倒くさいな、できることは全てやってみたらいい」という意見です。

少なくとも駆け出しの人にとっては、ベテランに質でかなうわけがないのだから、基本、量で勝負することになるのは自明の理だ。

そして自分が野のものとも山のものとも定まらないうちは、どこにヒットするかなんてわからないんだから、手あたり次第やってみればいい。

 

人気作家、売れっ子が見たら反論たっぷりなのだろうが、あいにく、このブログは売れ子作家がターゲットではない。ハンドメイド販売の初心者たちが見るブログなのでな。

駆け出し始めた作家には勝者の理論は響かないぞ。

 

アクセスの質はどこで判断するのか

どこでどう動いたら質のいいアクセスがくるようになるのかなんて、最初はわからない。

そこへ「質のいいアクセスを」と言われても「どうすりゃいいの?」って思うよね。

では、質の良いアクセスをゲットする方法が書いてあるかといえばどこにもない。質のいいアクセスをゲットする方法なんてあるのだろうか。

しかも、そのアクセスが質が良いのか悪いのか、結局のところ個人の判断と言わざるをえない。

そう考えると「質の良さ」なんてあやふやだ。

 

アクセスに質も無駄もない。あるのは量だけだ。

アクセスがある、ということは何かしら興味があってきてくれたはずなのだから、そこでお客の気を引きとめることができるかどうかが問題だ。

つまり
ここで通り過ぎてしまったアクセスを「無駄」と呼ぶのだから

結局「無駄なアクセス」というのは、お客の気を引きとめることができなかった言い訳にしかすぎない、と考えることもできるはずだ。

大量のアクセスが本当に「無駄」なのか、それとも本当は「無駄にしてしまっただけなのか」は販売者にもわかっていないことが多いんじゃないの?

そう考えると「無駄」についてもあやふやな言い訳になる。

唯一正しい数字はアクセス量だけだ。

 売れた数字も確かに正しいが、無駄な数字は正しくはない。

無駄な数字の中に「無駄にしてしまった数字」が含まれているからだ。

売れっ子が「無駄」と呼ぶアクセスの中に「つまらない物ばかりでガッカリして帰った」という人が含まれているのを忘れてはいけない。

 

勝者の理論

アクセスの質と量をどうこう言うのも、アクセスしてくれたけど通り過ぎたお客を「無駄」と呼ぶのも、全ては客を選べる勝者の言葉だと理解してほしい。

アクセスの量より質を重視するのは勝者になってからだ。

 

とにかくやってみろ
答えは動いたものにしか与えられない

「勝者の理論」を気にしないで、気になることはなんでもやってみたらいい。

「アクセスの質って何?」とかって、難しく考えたら先に進めなくなってしまうし、あやふやな情報に気を取られている時間こそ無駄だ。

 

いいか、答えは動いた者にしか与えられないぞ。
成功も失敗もあなたが動いた先に待っている。

さぁ、やりたいことは手あたり次第、数打って当ててみろ。

 

まずはそれからだ!

 

cyancy.hatenablog.com 

cyancy.hatenablog.com 

 

************

追記:

たくさんの励ましのコメントをいただきましてありがとうございます。感謝、感謝です。涙もでました。
ただいま治療中で意識がぼんやりしております。コメントを返せそうにありませんのでしばらくコメント欄を閉鎖しました。本格的にに再開するまではブログは不定期更新いたします。

皆様の心の中に希望と情熱の小さな火があるのなら、ぜひともそれを大きな炎にしてみたい。私はそんな大きめの野心を持っています。私は情熱で心を燃やし尽くして、もう少しで自分自身を燃やすところでございました。しばらくは感情を揺らさないように訓練いたします。

ではまた。